レモネードの作り方!本格的な味にするためのヒルナンデスレシピなど3つ!

レモネードのつくりかた 生活
スポンサーリンク

レモネードのつくりかた

暑いときにはさっぱりとしていて飲みやすいレモネードですが、寒いときのホットレモネードも美味しいですよね。

 

カフェでレモネードを注文すると、なかなかいいお値段します。

 

そこで、自宅でリーズナブルにレモネードを楽しめるように作り方を紹介します。

スポンサーリンク

ポッカレモンで簡単にレモネード

レモネード1

レモネードといえば、本格的に作るなら果物のレモンを使いますが、レモンって常に自宅にあるものでもないですよね。

 

みなさんどうやって作っているんだろうと、ネットで調べてみたらどうやらポッカレモンで簡単に作れるみたいです。

 

ポッカレモンなら料理にも使いますし、冷蔵庫にあるって方も多いのではないでしょうか。

 

実際に作ってみたのでレシピを紹介します。

材料

ポッカレモン 大さじ2

はちみつ 大さじ1

お湯か水 150cc

ポッカレモンレモネードの作り方

1.ポッカレモンとはちみつをコップの中でしっかり混ぜます。

 

2.その上にお湯か水を注いで、しっかり混ぜたら完成です。

 

これで完成、かなり簡単でした!

肝心の味は、、、しっかりとレモネードでした。

 

見た目は、ポッカレモンも色が薄いためかレモネードっぽさはないですね。

 

レモネードといえば、スライスレモンが浮かんでいるイメージが個人的にはあるため、作って写真を撮ってみましたが、ただの水にしか見えませんでした。

 

ミントの葉を添えたりして、見た目を工夫すればあまり気になりませんが、

ポッカレモンで作って飲むのは、自分用といった感じかなと思いました。

スポンサーリンク

本格的なレモネードの作り方は?

レモネード2

本格的な方法はいくつかあるみたいですが、ヒルナンデスで放送されていたレシピを紹介します。

材料

レモン1110g

はちみつ 11g

三温糖 110g

水やお湯または炭酸水 適量

レモネード(ヒルナンデスレシピ)の作り方

1.レモンは水でキレイに洗って皮ごと輪切りにし、保存容器に入れます。

 

2.三温糖・はちみつ加えて混ぜます。

レモン・三温糖・はちみつの分量は、1:1:0.1になるようにするのがポイントです。

 

3.タッパーに2を入れて、蓋をして1日冷蔵庫で寝かせます。

1日寝かせると砂糖が溶けて液体状になります。

 

4.冷蔵庫から取り出し、ミキサーに3を入れてレモンを細かくします。

これでレモネードの素が完成です。

 

完全に滑らかにせずに若干レモンの皮が細かく残るくらいにすると、食感を楽しめるのでオススメです。

 

5.コップに4をスプーン1杯ほど入れ、お湯または水や炭酸水を注けば出来上がりです。

コップに入れるレモネードの素の量は、お好みで調整すると良いでしょう。

 

ちなみにヒルナンデスでは、炭酸水で紹介されていましたが、わたしは炭酸が苦手なのでお湯や水で作りましたが、美味しかったです。

はちみつ以外でレモネードに使えるものは?

レモネード3

先程のレシピでは2つともはちみつを使用しました。

 

はちみつって家庭によっては常備していないこともありますよね?

 

それに、はちみつは1歳未満の子どもには与えてはいけないものなので、小さな子どものいる家庭にはないかもしれませんよね。

 

はちみつがないけど、わざわざ買うのはもったいないですし、冷蔵庫の中で使われず気がついたら固まっていたということも避けたいですよね。

 

はちみつのかわりでしたら、どの家庭にもおそらくあるのは砂糖ですね。

 

ホットレモネードでしたら、砂糖も溶けるため使いやすいですが、アイスレモネードの場合はガムシロップのほうが使いやすいと思います。

 

甘さがものによって異なるため、分量よりも好みで調整したほうが良いのではないかと思いますよ。

スポンサーリンク

まとめ

レモネード4

レモネードの作り方を紹介しましたが、家庭でも手軽にも、本格的なものも作れますよ。

 

ホットでもアイスでも作れるので、季節を問わず楽しめます。

簡単で美味しいのでぜひ作ってみてくださいね。

 

手間をかけるのは面倒だという方は、以下の商品がおすすめです!

 


最後までご覧いただきありがとうございます。

良ければシェアしてもらえると嬉しいです。

あなたにオススメの関連記事は下にあります。


生活 美容・健康
laclifeをフォローする
スポンサーリンク
L&Cライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました