本能寺の変の黒幕で有力なのは誰?人気の2説と新説をご紹介!

本能寺の変の有力黒幕 歴史
スポンサーリンク

本能寺の変の有力黒幕『本能寺の変』の真相については、いまだ解明されておらず、そのためか諸説が山のように
あります。

 

多いのが、光秀はただ踊らされていただけで、実は黒幕がいるいるのではと言う見かたであり、容疑者はたくさんいます。

豊臣秀吉、徳川家康、斎藤利三、森蘭丸、長曾我部元親、足利義昭といった疑いだしたらキリのない面々から、朝廷、イエズス会といった組織的な黒幕説まで様々です。

ここでは、黒幕として有力な二人と、最近、突飛な仮説を提案した番組があったので、そ
れに基づいて、新たな光秀単独犯説についても、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

有力黒幕その1. 羽柴秀吉(豊臣秀吉)

これは、羽柴秀吉が明智光秀と共謀、もしくは、光秀をそそのかしたという説です。

 

『本能寺の変』の頃には、信長は柴田勝家、滝川一益、羽柴秀吉、明智光秀といった、有能な中途
採用や昔の裏切り者などを地域方面総司令官に任命して、ほぼ日本統一は完了段階に入っており、逆にこの頃から、信長は彼らに疑心暗鬼になっていた感があります。

現に、明智光秀の所領を取り上げたり、譜代だった佐久間信盛を追放したりしています。

だからこそ羽柴秀吉は、毛利攻めは難航していると言って、信長に“出陣”を懇願して、信長
の気を引いています。

 

『本能寺の変』以降の秀吉の行動を見れば分かるように、秀吉に“確固たる忠誠心”が有ったかどうかは分かりません。

しかも畿内から中国地方への遠征である以上、石田三成などを介して迅速な補給体制を構築し、且つ信長の動向を逐一情報蒐集するのは当然のこと。

 

信長が討たれることは知っていればこそ、“信長”をいい気にさせるための事前準備と称して、小早川隆景、安国寺恵瓊などへ和睦の根回しをしていても、誰も疑いません。

そして思った通りに“光秀”が動いたので、本能寺の変のわずか二日後に毛利との講和を成立させ、あとは事前準備に沿って“中国大返し”した、というものです。

スポンサーリンク

有力黒幕その2. 徳川家康

最近、明智光秀の子孫が記した著書には、、、

信長は、京都本能寺で茶会を開く。この茶会に徳川家康を招くので、そこで襲撃して家康を討つようにと、明智光秀に指示したが、光秀は、信長の意に反して謀反(むほん)を起こした

という説が述べられています。

光秀は、信長が家康を暗殺するという事は、いずれ自分も滅ぼされるという危機感から、全
てを家康に打ち明け、主君信長を討つ決心をしたという説があります。

 

その後家康は知らないふりをして茶会に出席するため、“堺”見物をしていたというのです。

従って、「神君伊賀越え」も、服部半蔵が事前に根回ししていた様子もあるので、これは、計
画されていた作戦と考えるべきでしょう。

 

したがって、徳川家康黒幕説は、積極的な黒幕と言うよりは、信長の暗殺計画を知っていて、光秀の作戦を容認した、消極的黒幕考え方と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

新たな光秀単独犯説 光秀病症説

明智光秀には、『本能寺の変』の発生時刻前に所在不明の『空白の3時間』があると言われています。

 

この空白の時間に光秀は信長に直接対面し、自分の怒りをぶちまけたのではないかというのです。

 

でも、そんな不満をぶちまけられた信長が“危機感”を抱かずにそのまま本能寺に残るかという「疑問」が出てきます。

ところが、信長は元々、「相手の心情を理解する事のできない“アスペルガー症候群”」であ
ったため、光秀の怒りがそこまで深刻なものであると理解できなかったという解釈も可能だそ
うです。

 

だからこそ、光秀の謀反を知った信長が発した『是非に及ばす』という言葉に妙に合点がいくのは私だけでしょうか?

一方光秀には、『本能寺の変』の数日前から奇行が見られました。

 

その一は、家康の饗応の際、悪臭を放つほどの魚を出した。
その二は、愛宕神社で二度三度と籤(くじ)を引き直した。
その三は、笹に包んだちまきを、其のままかぶりついた。

これらの奇行から推定される、光秀の症状は『レビー小体型認知症』だというのです。

この認知症の症状は、アルツハイマーと違って、記憶力の低下などは無いが、臭覚の低下、空間認知力の低下、段取りが組めなくなる等があるそうで、つまり、認知症で的確な判断力がなくなっていることだというのです。

光秀の行動を視ていると、信長に過剰適応してしまっていた可能性があります。

 

この場合、まずは信長に反抗しないような気配りや、信長の意志を先回りして汲み、積極的に行動す
るという事となります。

ただ、このタイプは相手の評価が判断の第一基準なので、それが揺らぐと、一体どうすれば良いか分からなくなり、混乱し始めます。

 

この混乱から、信長に対する怒りが蓄積する。

そして、暗闇の行軍は、外からの刺激をうばい、段々と自分の思いにばかり意識が向いて
行き、それが爆発、『敵は本能寺に有り』となったという解釈です。

 

この光秀の犯行は『恨みを溜めた上での衝動的殺人』と言うパターンの典型だという事で
す。

 

彼の真面目さ、律義さ、そして認知症と言う病状もあっての哀れな行動だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

本能寺の変の黒幕で有力なのは誰?人気の2説と新説をご紹介!のまとめ

いろいろな説があって、どれが本当なのかは本人たちのみぞ知るというところですが、思いを巡らせるのは楽しいですよね。

織田信長について思うこととしては、生涯、能力主義を貫くべきだった、ということです。

 

息子信忠が愚鈍なら、実力ある、秀吉や光秀が取って代わってしかるべきです。

 

それを認められなかった信長の『身から出た錆』が『本能寺の変』だったと思います。

でもこれは、日本人の持つ遺伝子的な欠陥なんだと思います。

 

第六天魔王と呼ばれた信長も、なんだかんだ言って人の子だった、ということですね。

また別の説が書いてある記事がありますので、よかったらこちらの記事も見てみてください。


最後までご覧いただきありがとうございます。

良ければシェアしてもらえると嬉しいです。

あなたにオススメの関連記事は下にあります。


歴史
laclifeをフォローする
スポンサーリンク
L&Cライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました