セラード保護地域群ってどこにある?謎の3つの穴・夜に光る穴の正体とは?

テレビ
スポンサーリンク

セラード保護地域群というのは、

ブラジル中央部のゴイアス州にある

ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園の

2つの地域を合わせた世界遺産の呼び方です。

2001年に世界遺産登録されました。

広さは、日本の面積の約5倍!

この記事では、セラードってどんな意味なのか、

セラード保護地域群の大草原の建築家、

セラード保護地域群の謎の3つの穴、

セラード保護地域群の夜に輝く謎の光についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

セラードってどんな意味?

セラードというのは、アマゾン低地熱帯林南部に広がる草原地帯のこと。

 

夏場は40℃を超える気温になるため、

背の高い木が育たず、

イネ科や背の低い植物が自生しています。

 

世界遺産としてだけでなく、セラードコーヒーが有名な地域です。

 

スポンサーリンク

セラード保護地域群の大草原の建築家

この地域には、とんがり帽子的な土の塔が約2500万あります。

これは、この地域に住むシロアリが作った巣。

 

土をシロアリの唾液で固めながら、

大きな土の塔を作っていきます。

 

高さは、なんと2メートル以上!!
10年以上かかるそうです。。。

 

どこの国のアリも、勤勉に働きますね~。

 

このアリ塚には無数の穴があいているのですが、

これはシロアリたちが作った出入口。

大きな3つの穴は、シロアリたちではなく、

別の生物が作っています。

 

スポンサーリンク

セラード保護地域群の謎の3つの穴

シロアリたちが苦労して作ったアリ塚に

3つの穴をあけるのは、

一体何者なんでしょうか?

 

犯人は、なんとこの地域に住むオオアリクイ・アリツカゲラ・アナホリフクロウです。

 

オオアリクイは、アリ塚のシロアリを食べるためにアリ塚を壊します。
その時にできるのがひとつめの穴。

 

アリツカゲラは、シロアリたちがせっせと作った

アリ塚を自分たちのすみかにしてしまいます。

アリ塚の上の方の穴がそうです。

 

アナホリフクロウは、名前のとおり、土を掘って穴をあけます。

地面に穴をほらずに、

シロアリたちのアリ塚の下のほうから

地下に向かって穴をあけて、そこに住みます。

 

40℃以上にもなる気温が高い日中でも、穴の中は約15℃ぐらいと、かなり快適!

それぞれ、生きるために協力しているようです。
オオアリクイは、協力者というより破壊者ですが。。。

 

スポンサーリンク

セラード保護地域群の夜に輝く謎の光とは?

セラード保護地域群の夜は、また違った顔を見せてくれます。

 

シロアリたちの芸術作品であるアリ塚に、奇妙な光が輝いています。
これは雨季にだけ見られる、雨があがった夕暮れに起きる現象だとか。

 

街角のイルミネーションのように、

幻想的で見とれてしまうほどの美しさですが、

これは何が光っているのでしょうか??

 

シロアリが光っている?と思いたいのですが、

このアリ塚には3つの穴をあける同居人?のほかに、

もう1人?いるのです。

 

この光の原因は、ヒカリコメツキの幼虫。

アリ塚に身を寄せたお礼に光っているのかと思いきや、そんなわけはありません。

 

ヒカリコメツキの幼虫が光ることで、

シロアリたちがおびき寄せられます。

 

シロアリたちがヒカリコメツキの幼虫に近づいたところを、

この光る幼虫はパクッとシロアリたちを食べてしまいます!

 

シロアリからしたら踏んだり蹴ったりな感じですが、

こうやって生態系が守られているんですね~。

 

ちなみに、ヒカリコメツキの光は

発光する生き物の中ではかなり強い光なんだそう。

この光を使って、がん細胞を光らせて見分けやすくする研究が進んでいます!

スポンサーリンク

セラード保護地域群についてのまとめ

今回は、世界遺産・ブラジルの

セラード保護地域群について調べてみました!

ブラジルは、日本の反対側でかなり遠いし、

なじみがないイメージですが、

調べてみてかなり興味がわきました。

ぜひ行ってみたいものです。

 

これを読まれた方も、興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました