ハリーポッターのスピンオフ映画三部作が2016年・2018年・2020年に公開!!気になる主人公は『魔法生物学者ニュート・スキャマンダー』??誰?

映画
スポンサーリンク

一大センセーションを起こし、本編の公開が終了した今でも根強い人気を誇るあの『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画が製作されることが分かりました!
全三部作ということと、第一弾は2016年11月18日(現地時間)に全米で公開されることは既に明らかにされていました。
そして第二弾は2018年に、第三弾は2020年と1年おきに公開されることも決まったそうです。
第一弾の監督は、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』から『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』までの4作でメガホンを取ったデヴィッド・イェーツ監督。
第二弾以降の監督は未定。
この三部作の気になる内容は、『ハリー・ポッター』シリーズに登場するホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書『幻の動物とその生息地
』の成り立ちに関してのもの。

ハリーポッターたちが使う教科書ができるまで、という感じでしょうか。
教科書ができる前のお話ですので、当然ながら本編の人気キャラのハリーポッターやロン、ハーマイオニーは出てきません。
物語の舞台は、『ハリー・ポッター』シリーズから遡ること約70年前のニューヨーク。
幻の動物とその生息地』著者の魔法生物学者『ニュート・スキャマンダー』の活躍がメインストーリーになるとのこと。
ちなみに、『ニュート・スキャマンダー』は本編シリーズ後半のメインキャラクター『ルーナ・ラヴグッド』ののちの結婚相手ロルフの祖父という設定なんだそうです。
Harry Potter luna lovegood.jpg
出典 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
『ハリー・ポッター』シリーズの著者であるJ.K.ローリング曰く、『ハリポタの前日譚(ぜんじつたん)でも続編でもなく、魔法使いの世界の延長だ』そう。
今回の作品は、米ワーナー・ブラザース最高経営責任者(CEO)のケビン・ツジハラ氏がローリングさんに映画化を直訴。
その熱意からローリングさん自らが脚本家として参加することになったんだそう。
作者ご本人のこだわりの脚本での映像化がとても楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました