サグラダ・ファミリア内部がGoogleマップのストリートビューで見られます!完成はガウディ没後100年の2026年に大幅短縮!!

サグラダ・ファミリア内部がGoogleマップのストリートビューで見られます!完成はガウディ没後100年の2026年に大幅短縮!!

ニュース
スポンサーリンク

サグラダ・ファミリア聖堂(日本語では『聖家族教会』)。
皆さんも一度は聞いたことがあり、行ってみたい場所に挙げられることもある有名な建造物ですよね。
天才建築家のアントニオ・ガウディ(スペイン語表記。カタルーニャ語では『アントニ・ガウディ』)が手掛けたものとして有名ですが、もともとは違う人が始めたものを引き継いだらしいです。
1882年3月19日に着工したんですが、最初の建築家はその翌年に辞任。
そして次の建築家として任命されたのが、当時無名のアントニ・ガウディ。
ガウディは設計を一からやり直し、1926年に他界するなるまでライフワークとしてサグラダ・ファミリアの設計・建築に取り組んだんだそうです。
ガウディが亡くなってからも建築は続けられ、その完成までには約300年を要すると言われていたのですが、昨年ガウディ没後100年にあたる2026年には完成する見込みだとの発表がありました。
工期が大幅に短縮された理由としては、
①3Dプリンターの導入で、建築計画の見通しが立てやすくなった
②高品質コンクリートの開発で、強度やコストの面での問題が改善された
③入場者増加により、財源の安定的な確保が見込まれた
ということだそう。
昨今の技術革新がかなり役立てられているようです。
生きている間には見られないと思っていましたが、2026年なら見ることができそうなので完成がとても楽しみですね。
ちなみに、完成予想動画がこちら。

見ているだけでかなり期待できます!ワクワクします!!
完成したらぜひ行ってみたい!と思っても、場所がスペインのバルセロナ。
簡単には行けないですよね^^;
そんな時は、あのGoogleマップで行ってみよう!ということで、Googleマップでいざサグラダ・ファミリアへ。
外観だけ見て終わり、ではなく、内部も見られるようになってるんですね!!

2015Sagrada Família.jpg

出典 Googleマップ『サグラダ・ファミリア聖堂』ストリートビュー
外の光がステンドグラスを通すことにより、幻想的な空間をうまく演出しています。
とても綺麗です。
ガウディや歴代建築家たちは、設計段階ですでにこの眺めが見えているんでしょうね。
完成がとても楽しみです。
2026年に見に行けるように頑張ろうっと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました