『STAP細胞はありま・・・・せん!?』2つの新たな捏造と完全否定の結論とは?

『STAP細胞はありま・・・・せん!?』2つの新たな捏造と完全否定の結論とは?

科学
スポンサーリンク

先日小保方晴子さん(31)ご自身によるSTAP細胞再現実験が残念な結果に終わり、12/21付で理化学研究所を退職されたのは記憶に新しいところですが、12/26に理化学研究所外部の有識者を集めた調査委員会の調査結果が発表されました。

出典 SankeiBiz

結論から言うと、STAP細胞の存在は支持できず、1981年にイギリスの研究チームによって発表された万能細胞であるES細胞(胚性幹細胞)が実験過程で混入した可能性が高いとのことです。

その根拠は、小保方さんが当時使っていた理研発生・再生科学総合研究センターの研究室と、STAP論文共著者・若山照彦山梨大教授の研究室に残っていた『STAP幹細胞』などを調べたところ、『STAP細胞の証拠となる細胞は、すべてES細胞の混入で説明できることが科学的証拠で明らかになった』んだそうです。

これにより、論文はほぼすべて否定されたことになります。

ES細胞は自然に混入するものではありませんから、誰かが故意に、もしくは過失で混入したのでは、というのが調査委員会の考えだそう。

混入した人物の特定は難しいとのことですので、これ以上の調査は行われないのでしょうね。

また、当時の論文の実験図表に、2件の新たな不正が見つかったようです。

『それでもSTAP細胞はあります!』という言葉は、かの有名なガリレオ・ガリレイの『それでも地球は回っている』のように何百年後には認められるのでしょうか?

ご本人はES細胞混入の事実を否定しているようですが、論文の捏造のこともありますのでどこまでが本当なのかまだまだ不明な点が多いです。

ちなみに、論文発表前と再現実験でSTAP細胞にかかった費用はおよそ3,500万円。

これがすべて税金で賄われていたわけで、今後は退職した小保方晴子さんに費用の請求がいくかもしれないんだそうです。

今回のことは、栄光に目がくらんだ科学者が先走ってしまった結果なのか、それとも世間を欺こうとして欺ききれなかった愚かな詐欺師の末路なのか。

我々が生きているうちにハッキリとした結論が出てほしいものですね。


最後までご覧いただきありがとうございます。

良ければシェアしてもらえると嬉しいです。

あなたにオススメの関連記事は下にあります。


科学
laclifeをフォローする
スポンサーリンク
L&Cライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました